DAVID Laserscanner

1.WEBカメラとCCDカメラの比較

DAVIDスキャナーで対象物を計測するとき、CCDカメラを使用したほうが精度面で優れているといわれています。 今回、新たにオプションで用意されたCCDカメラ(DAVID-CAM-1-M:モノクロタイプ )と3Dスキャナー スタンダード標準のWEBカメラ(QuickCamPro9000 )との違いを計測してみました。尚、CCDカメラは今回使用したモノクロタイプの他にカラータイプも用意されています。

計測環境

  • 使用レーザー:5mW(3Dスキャナー スタンダード標準)
  • カリブレーションパネル:30mmタイプ(USB内の Calibpoints_Scale30_DIN_A4.pdfを印刷)
  • PC環境:Core2Duo 2GHz、4GBメモリー、GeForce8400M(128MB)

WEBカメラ(QuickCamPro9000 )

  • 解像度:800 × 600
  • フレームレート:20FPS

CCDカメラ(DAVID-CAM-1-M:モノクロタイプ )

  • 解像度:1024 × 768
  • フレームレート:30FPS

計測対象物

  • サイズ:約100mm(H)× 約30mm(W) × 約30mm(D)
計測対象物

左:WEBカメラ計測 右:CCDカメラ計測  画像をクリックすると拡大表示します

テクスチャ表示( CCDカメラはモノクロタイプです)

テクスチャ表示

シェーディング表示

シェーディング表示

ワイヤメッシュ表示

ワイヤメッシュ表示

PAGETOP

注意事項

レーザーの光を絶対に、人の目に照射しないで下さい。 他の使用者に対してもレーザーを使用させる前に、注意喚起を行なって下さい。

DAVID Laserscanner